So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ソーシャルレンディングにレバレッジをかけることは可能か?(2017年版その1) [ソーシャルレンディング(レバレッジの考察)]

数々の記事で紹介している新しいタイプの投資、ソーシャルレンディングですが、この投資を行う際にレバレッジをかけることは可能でしょうか?

以前も考察しましたが、ソーシャルレンディングを取り巻く状況も変わってきましたので、2017年版として加筆・修正したいと思います。

◆レバレッジとは?
一言で言うと、少ない資本金でも大きな取引ができるようになることです。
例えば、10万円の元手で100万円分の投資をすることです。

ソーシャルレンディングは投資する際に資金が必要です。
そのため、ソーシャルレンディングにおいてレバレッジをかけるということは、どこからか投資資金を借りて、投資をするということです。
例えば、10万円自己資金を所有していた場合、90万円借りると100万円の案件に投資することができます。

アパートやマンション投資では一般的で、不動産担保ローンを組んでアパートやマンションを購入し、それを貸して収入を得るというモデルです。
ソーシャルレンディングでも応用可能でしょうか?
◆資金調達の仕方は?
ざっと調べたところ、ソーシャルレンディングで使えそうな資金調達は以下の3種類がありそうです。
①証券担保ローン
②不動産担保ローン
③銀行カードローン


以下、それぞれについて考察していきましょう。
①証券担保ローン
 証券担保ローンの場合は、3%程度~で借りることができます。
 ただ、担保となる証券は、国内の株式、債券、投資信託に限られます。NISA口座は不可能。国内の株式、債券、投資信託を保有していて、直近売却の予定もない場合は、証券担保ローンの使用も可能でしょう。

②不動産担保ローン
 不動産を所有している人はその不動産を担保にして投資資金を借りるという方法もあります。

③銀行カードローン
 担保なし、資金使途自由で各銀行がカードローンを展開しています。
 銀行によって違いますが、金利も1%台~と比較的低金利のものも出ています。
 ソーシャルレンディングも案件によっては年利10%程度の案件がありますので、投資資金を借りて投資しても稼ぐことができそうです。
例えば、3.00%で借りて10%の案件に投資すれば、源泉徴収税を考慮しても稼ぐことができます。

①証券担保ローンや、②不動産担保ローンは担保となる資産を保有している必要があります。
一方、③銀行カードローンは無担保で借り入れることが可能です。
次回以降は、③銀行カードローンを利用したレバレッジ投資について考察してみます。

もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。
投資は自己責任でお願いしますね。


ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

2017年6月の分配結果 [ソーシャルレンディング(月々の分配結果)]

久々の更新です。
遅くなりましたが、今回は2017年6月の分配結果です。
6月は、全6社からの税引後純利益が32,387円でした。

5月末の総投資金額は675万円に対し、6月末の総投資金額は650万円となりました。

【投資金額の増減内訳】
 Maneo:+25万円
 LC Lending:+10万円
 Gaia Funding:▲35万円
 Lucky Bank:+20万円
 Trust Lending:▲20万円
 みんなのクレジット:▲25万円
   合計:▲25万円

各月の税引後純利益と総投資金額の推移を表したグラフは以下のようになりました。
2017年6月の分配結果.PNG
赤の折れ線は"税引後純利益"を示し、青の縦棒は、"総投資金額"を示しています。
また事業者毎の税引後純利益は以下の円グラフのようになりました。
2017年6月事業者毎の純利益額.PNG

◆6月の特記事項
・1月末と比較すると、総投資金額が100万円近くも下がってしまいました。やはりみんなのクレジットからの償還金額を他の事業者に分配しきれていないというのが原因です。

・この度、アメリカンファンディングの口座を開設しました。アメリカンファンディングは開業1年が経過し、それなりに信頼できると判断し開設しました。投資先が国内に偏りがちなので、アメリカへの分散投資ができるという利点もあります。

・一部の会社では、返済遅延等が発生しているようですが、私が投資している案件

について返済遅延等は起きていません。結果として、順調に稼いでくれています。

もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。


ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク




2017年6月の分配結果(Lucky Bank) [ソーシャルレンディング(Lucky Bank)]

こんにちは、

今回は2017年6月、Lucky Bankの投資結果を報告します。

Lucky Bankで投資を始めようとしている方、既に投資をしている方はご参考にして頂ければ幸いです。

6月に20万円の新規投資を行った結果、6月末の運転中資金は210万円となりました。
相変わらず募集開始から1~2分程度で満額が集まるという好調ぶりです。
案件に投資するためには、募集開始の数分前からログインしておき、募集開始時刻とほぼ同時に申し込みの処理を行う必要があります。
大量の申し込みが殺到しているらしく、サーバーが受付不可能になっていることもしょっちゅうあります。

税引前利益が15,913円、源泉徴収税として3,242円引かれて、税引後純利益は12,671円となりました。純利益率は年率換算で7.2%となりました。税引後純利益を運転中資金で割り、算出しています。
Lucky Bank_収益状況_201706.PNG
Lucky Bank_運用状況_201706.PNG

最近はmaneoでも遅延が発生しましたが、Lucky Bankの投資している案件において、返済の遅延等なく、順調に稼いでくれています。
この調子でいくことを願うのみです。

コチラの記事でも紹介した通り、Lucky Bankの投資システムは非常に使いやすいです。
ソーシャルレンディング初心者の方に特におすすめです。
リンクを貼っておきますので、ご興味があればはじめてみて下さい。
ラッキーバンク

もしこの記事が参考になりましたら応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク




2017年5月の分配結果 [ソーシャルレンディング(月々の分配結果)]

久々の更新です。
遅くなりましたが、今回は2017年5月の分配結果です。
5月は、全6社からの税引後純利益が36,747円でした。

4月末の総投資金額は675万円に対し、5月末の総投資金額も675万円となりました。

【投資金額の増減内訳】
 Maneo:▲20万円
 LC Lending:±0万円
 Gaia Funding:+65万円
 Lucky Bank:▲45万円
 Trust Lending:+10万円
 みんなのクレジット:▲10万円
   合計:±0万円

各月の税引後純利益と総投資金額の推移を表したグラフは以下のようになりました。
2017年5月の分配結果.PNG

赤の折れ線は"税引後純利益"を示し、青の縦棒は、"総投資金額"を示しています。
また事業者毎の税引後純利益は以下の円グラフのようになりました。
2017年5月事業者毎の純利益額.PNG


◆5月の特記事項
・円グラフから分かる通り、みんなのクレジットからの収益比率が14%と以前よりもだいぶ減少してきました。将来的にはLucky BankとGaia Fundingの比率を25%程度にし、残り4社を10%程度に持っていきたいと思っています。

・一部の会社では、返済遅延等が発生しているようですが、私が投資している案件について返済遅延等は起きていません。結果として、順調に稼いでくれています。

・書きたいネタは色々とあるのですが、多忙でなかなか追いつけておりません。5月は若干ほったらかし気味ではありましたが、それでも黙々と稼いでくれるところがこの投資の楽なところかもしれません。

もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。


ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

2017年4月の分配結果 [ソーシャルレンディング(月々の分配結果)]

久々の更新です。
遅くなりましたが、今回は2017年4月の分配結果です。
4月は、全6社からの税引後純利益が40,898円でした。

3月末の総投資金額は738万円に対し、4月末の総投資金額は675万円となりました。

【投資金額の増減内訳】
 Maneo:+17万円
 LC Lending:±0万円
 Gaia Funding:▲60万円
 Lucky Bank:+20万円
 Trust Lending:±0万円
 みんなのクレジット:▲40万円
   合計:▲63万円

各月の税引後純利益と総投資金額の推移を表したグラフは以下のようになりました。
2017年4月の分配結果.PNG
赤の折れ線は"税引後純利益"を示し、青の縦棒は、"総投資金額"を示しています。
また事業者毎の税引後純利益は以下の円グラフのようになりました。
2017年4月事業者毎の純利益額.PNG

◆4月の特記事項
・円グラフから分かる通り、Lucky Bank、Gaia Funding、みんなのクレジットからの収益が大半を占めています。これらの事業者は利回りの高い案件(8~10%)が多いことから優先的に投資していました。ただ、みんなのクレジットの一件もあり、分散投資をより進める方向に舵を切りました。みんなのクレジットの償還分をManeoやLC Lendingに充てたいと思います。

・2月から3月にかけて投資金額を増額した影響か、純利益合計額が3月末対比+5,000円となりました。この投資の特性上、少し遅れて結果が出ますね。

・一部の会社では、返済遅延等が発生しているようですが、私が投資している案件について返済遅延等は起きていません。結果として、順調に稼いでくれています。

もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。


ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

2017年4月の分配結果(Lucky Bank) [ソーシャルレンディング(Lucky Bank)]

こんにちは、

今回は2017年4月、Lucky Bankの投資結果を報告します。

Lucky Bankで投資を始めようとしている方、既に投資をしている方はご参考にして頂ければ幸いです。

4月に20万円の新規投資を行った結果、4月末の運転中資金は235万円となりました。
先日コチラの記事でLucky Bankの利回り低下を紹介したのですが、4月以降は再び利回りが上昇してきたので、新規投資を行いました。
募集開始から1~2分程度で満額が集まりました。みんなのクレジットから引き揚げた資金の受け皿となってくれている格好です。
4月応募案件.PNG

税引前利益が18,037円、源泉徴収税として3,677円引かれて、税引後純利益は14,360円となりました。純利益率は年率換算で7.3%となりました。税引後純利益を運転中資金で割り、算出しています。
Lucky Bank_収益状況_201704.PNG
Lucky Bank_運用状況_201704.PNG

最近はmaneoでも遅延が発生しましたが、Lucky Bankの投資している案件において、返済の遅延等なく、順調に稼いでくれています。
この調子でいくことを願うのみです。

コチラの記事でも紹介した通り、Lucky Bankの投資システムは非常に使いやすいです。
ソーシャルレンディング初心者の方に特におすすめです。
リンクを貼っておきますので、ご興味があればはじめてみて下さい。
ラッキーバンク

もしこの記事が参考になりましたら応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

2017年4月の分配結果(みんなのクレジット) [ソーシャルレンディング(みんクレ)]

1カ月の業務停止となったみんなのクレジット
その最中、4月28日には分配金が支払われました。
結論から書くと、延滞等はなく、償還分も含めて407,503円が、予定通り支払われました。
4月末の運用中残高は120万円になりました。
みんクレ_収益状況_201704.PNG

遂に4月30日から営業が開始されます。
今までのようなキャンペーンは?そもそも資金が集まるのか?投資先はどうなるのか?と気になることも多いので、注視していきたいと思います。


この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

2017年3月の分配結果 [ソーシャルレンディング(月々の分配結果)]

今回は2017年3月の分配結果です。
3月は、全6社からの税引後純利益が35,021円でした。

2月末の総投資金額は732万円に対し、3月末の総投資金額は738万円となりました。

【投資金額の増減内訳】
 Maneo:▲16万円
 LC Lending:+30万円
 Gaia Funding:+12万円
 Lucky Bank:±0万円
 Trust Lending:+10万円
 みんなのクレジット:▲30万円
   合計:+6万円

各月の税引後純利益と総投資金額の推移を表したグラフは以下のようになりました。
2017年3月の分配結果.PNG
赤の折れ線は"税引後純利益"を示し、青の縦棒は、"総投資金額"を示しています。
また事業者毎の税引後純利益は以下の円グラフのようになりました。
2017年3月事業者毎の純利益額.PNG

◆3月の特記事項
・円グラフから分かる通り、Lucky Bank、Gaia Funding、みんなのクレジットからの収益が大半を占めています。これらの事業者は利回りの高い案件(8~10%)が多いことから優先的に投資していました。ただ、みんなのクレジットの一件もあり、分散投資をより進めるために、今まで投資金額があまり多くなかったTrust LendingやLC Lendingへの投資を増やしました。
LC Lendingには30万円、Trsut Lendingには10万円新規で投資しました。
Maneoの投資金額を増やしたいのですが、C社に投資する案件が多く、思うように投資金額を増やせていません。あまり焦らずに行きたいと思います。

・最近償還案件が多いため、総投資金額の残高はあまり変わらないのですが、純利益が減少しています。この投資の特性上、償還された資金を再度投資に回すまでにある程度の期間が必要なため、このような現象が生じているものと思われます。

・一部の会社では、返済遅延等が発生しているようですが、私が投資している案件について返済遅延等は起きていません。みんなのクレジットから個別に遅延連絡が来たということもありません。結果として、順調に稼いでくれています。

もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。


ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

2017年3月の分配結果(Lucky Bank)

こんにちは、

今回は2017年3月、Lucky Bankの投資結果を報告します。

Lucky Bankで投資を始めようとしている方、既に投資をしている方はご参考にして頂ければ幸いです。

3月は、2月と比較すると、元本償還も新規投資もなかったため、3月末の運転中資金は2月末と変わらず215万円となりました。

税引前利益が16,292円、源泉徴収税として3,319円引かれて、税引後純利益は12,973円となりました。純利益率は年率換算で7.2%となりました。税引後純利益を運転中資金で割り、算出しています。

最近はmaneoでも遅延が発生しましたが、Lucky Bankの投資している案件において、返済の遅延等なく、順調に稼いでくれています。この調子でいくことを願うのみです。
Lucky Bank_収益状況_201703.PNG
Lucky Bank_運用状況_201703.PNG

コチラの記事でも紹介した通り、Lucky Bankの投資システムは非常に使いやすいです。
ソーシャルレンディング初心者の方に特におすすめです。
リンクを貼っておきますので、ご興味があればはじめてみて下さい。
ラッキーバンク

もしこの記事が参考になりましたら応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

2016年の確定申告に向けて(その4) [ソーシャルレンディング(確定申告)]

今回も2016年の確定申告の考察です。
ソーシャルレンディングを行う際にかかる経費を計上することによって源泉徴収税の還付を目指します。今回はその4です。
その1(記事はコチラ)では、
 ・経費の種類
 ・経費の金額
を紹介しました。

その2(記事はコチラ)では、
 ・確定申告書類の記入方法
 ・還付される税金額(予定)
を紹介しました。

その3(記事はコチラ)では、
 ・医療費控除やふるさと納税も含めた総還付金額
を紹介しました。

その4では、申告の結果、無事に還付金が振り込まれたことを紹介したいと思います。
申告書類一式を提出したのが、3月中旬、還付金が振り込まれたのが4月上旬でした。申請してから3週間程度で振り込まれました。
還付結果.PNG
金額についても、申請した通り合計18万円程度還付されました。
内訳としては、
 ・ソーシャルレンディングの源泉徴収税:9万円程度
 ・医療費控除による還付:6万円程度
 ・ふるさと納税による所得税還付:3万円程度
でした。
これでソーシャルレンディングで徴収された源泉徴収税は全額取り返すことができました

なお、税務署に提出してから還付金を受領するまで、税務署からの照会は一切ありませんでした。
以前の記事にも記載した通り、ソーシャルレンディングにかかった経費の種類や内訳の資料は一切提出しませんでした。経費金額を記載しただけです。
税務署はいったいどこまで申請書類を精査しているのかは不明です。
数千万、数億円の脱税調査に力を入れている税務署としては、個人の数十万円程度の申請内容などはあまり精査しないのかもしれません。
ただ、いつ税務署から照会が来てもいいように領収書やレシート類は保管しておいた方がいいと思います。

もし、この記事が参考になりましたら応援して頂けると本当にうれしいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | -