So-net無料ブログ作成

2017年3月の分配結果(みんなのクレジット)と改めて学んだ教訓 [ソーシャルレンディング(みんクレ)]

スポンサードリンク




遂に1カ月の業務停止となったみんなのクレジット
処分内容の詳細はHPや他ブログで記事になっているので、割愛します。
ここでは一投資家として3月の分配結果を報告し、今回の一件から改めて学んだ教訓についてシェアできればと思います。
去る3月28日に予定通り分配が行われました
償還分も含めて308,019円が無事に分配されました。
みんクレ_収益状況_201703.PNG
最近のキャンペーン内容があまり魅力的でなかったこともあり、最近は新規投資を控えていたことが不幸中の幸いでした。ただ運用中の残高は160万円あり、この先どうなるかは闇の中です。
なお、ソーシャルレンディング総運用額の約25%を占めています。


maneoでも延滞が発生したり、みんなのクレジットの処分もあり、ソーシャルレンディングに対して逆風が起こっているように感じます。
今回の一件から、やはり分散投資の大切さを感じました。
分散投資の観点としては、"商品"、"投資先の国"、"事業者"、"案件"があると思います。
"商品":ソーシャルレンディングだけに投資するのではなく、株、債券、投資信託、FX等にも投資するということです。
"投資先の国":ソーシャルレンディングで投資している会社の所在国を日本だけにするのではなく、欧米等の他国も検討するということです。ガイアファンディングやアメリカンファンディングを通じて投資することで、アメリカ向けの投資が可能ですね。
"事業者":これは言わずもがなですが、ソーシャルレンディングの事業者を分散させることです。私は現在6社の事業者を使用しています。もう少し増やすことも検討中です。
"案件":1つの案件につぎ込むのではなく、複数案件に分散できると良いと思います。

振り返ってみればいたって当たり前のことですが、改めて認識した機会になりました。

参考になりましたら、応援して頂けると幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク






スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました