So-net無料ブログ作成

2016年の確定申告に向けて(その4) [ソーシャルレンディング(確定申告)]

スポンサードリンク




今回も2016年の確定申告の考察です。
ソーシャルレンディングを行う際にかかる経費を計上することによって源泉徴収税の還付を目指します。今回はその4です。
その1(記事はコチラ)では、
 ・経費の種類
 ・経費の金額
を紹介しました。

その2(記事はコチラ)では、
 ・確定申告書類の記入方法
 ・還付される税金額(予定)
を紹介しました。

その3(記事はコチラ)では、
 ・医療費控除やふるさと納税も含めた総還付金額
を紹介しました。

その4では、申告の結果、無事に還付金が振り込まれたことを紹介したいと思います。
申告書類一式を提出したのが、3月中旬、還付金が振り込まれたのが4月上旬でした。申請してから3週間程度で振り込まれました。
還付結果.PNG
金額についても、申請した通り合計18万円程度還付されました。
内訳としては、
 ・ソーシャルレンディングの源泉徴収税:9万円程度
 ・医療費控除による還付:6万円程度
 ・ふるさと納税による所得税還付:3万円程度
でした。
これでソーシャルレンディングで徴収された源泉徴収税は全額取り返すことができました

なお、税務署に提出してから還付金を受領するまで、税務署からの照会は一切ありませんでした。
以前の記事にも記載した通り、ソーシャルレンディングにかかった経費の種類や内訳の資料は一切提出しませんでした。経費金額を記載しただけです。
税務署はいったいどこまで申請書類を精査しているのかは不明です。
数千万、数億円の脱税調査に力を入れている税務署としては、個人の数十万円程度の申請内容などはあまり精査しないのかもしれません。
ただ、いつ税務署から照会が来てもいいように領収書やレシート類は保管しておいた方がいいと思います。

もし、この記事が参考になりましたら応援して頂けると本当にうれしいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

スポンサード リンク






スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました