So-net無料ブログ作成
検索選択

ソーシャルレンディングにレバレッジをかけることは可能か?(2017年版その2) [ソーシャルレンディング(レバレッジの考察)]

スポンサードリンク




前回の記事の続きです(記事はコチラ)。
銀行カードローンを用いたレバレッジ投資について考察してみます。

◆銀行カードローンの仕組みとは?
CMでもお馴染みのカードローンですが、その仕組みはどうなっているのでしょうか。
 ・カードローンとは?
  個人向けの無担保融資のことです。担保を付けないでお金を貸すので、個人信用を重視したローンです。定職に就いており、安定した収入がある人なら申し込みが可能なようです。

 ・いくらまで借りれるのか?
  カードローンを申し込むと、審査が行われ、限度額が設定されます。
  設定された限度額内では、何度でも借りたり返したりすることができます。
  銀行によって異なりますが、上限1,000万円のカードローンもあるようです。
  消費者金融の場合、総量規制の関係上、年収の1/3と決まっていますが、銀行カードローンは総量規制の影響を受けないようです。とはいえ、年収の1/3~1/2程度でしょう。

 ・金利はどの程度か?
  カードローンの金利は限度額によって決まっています。
  例えば、限度額が1,000万円なら1.99%、900万円なら2.49%

 ・月々の返済額はどれくらいか?
  月々の返済額は、実際に借り入れた金額によって決まっています。
例えば、借り入れ残高が100万円であれば、毎月2万円返済するというものです。

スポンサード リンク




◆ソーシャルレンディングに適した銀行カードローンは?
このようなカードローンの特徴を踏まえて、ソーシャルレンディングに適したカードローンを検討していきましょう。
 選択基準①:金利が安い
 選択基準②:限度額が大きい
 選択基準③:月々の返済額が小さい
 選択基準④:普段利用している銀行

選択基準を4点記載しました。それぞれについて解説します。
 選択基準①:これは言うまでもないですが、金利が低い方が稼げる利ザヤが大きくなるので、金利は低いに越したことはありません。

 選択基準②:限度額が大きく設定できれば、その分投資金額も大きくなり、収益も増えます。
 選択基準③:ソーシャルレンディングの仕組み上、毎月金利のみを受け取り、期日になると元本が返金されてきます。カードローンの月々の返済額はなるべく小さい方が良いです。
 選択基準④:普段利用している銀行であれば、ある程度のお金が口座に入っているので、カードローン返済のために資金移動を起こしたりする必要はありません。

次回は、各銀行のカードローンを比較してみたいと思います。

もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。
投資は自己責任でお願いしますね。


ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました