So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

みんなのクレジット最終局面 さて返ってくる金額は、、、 [ソーシャルレンディング(みんクレ)]

旧ブルーウォールジャパンと調停を続けていたみんなのクレジット、しかし破談となり、結局東京地方裁判所への提起となりました。

本日2月23日、みんなのクレジットから重要なお知らせが届きました。

以下引用です↓↓ 結論1億円弱で債権回収会社へ売り渡し、投資家には按分して分配するとのことでした。未償還分の何%程度が戻るのか分かりません。未償還分が30億円程度とすると3%程度でしょうか、、、また振り込まれ次第皆さまにシェアしたいと思います。痛々しい勉強になりました。。。。。

スポンサード リンク






平素は格別のご高配を賜り、深く御礼を申し上げます。この度は、株式会社テイクオーバーホールディングス(旧株式会社ブルーウォールジャパン)、株式会社ブルーアート及び株式会社らくらくプラス(以下、併せて「貸付先」といいます。)の債務不履行に伴い、投資家の皆様には日々ご心配とご迷惑をお掛けしております事、心より深くお詫び申し上げます。
弊社代表取締役として、弊社が一昨年より募集を開始し、今日現在、未償還となっております貸付先向け全ファンドに関する貸付債権の回収の判断につきまして、ご説明ならびにご報告をさせて頂きます。
弊社は、従前より投資家の皆様に幾度かの機会を通じてご説明をさせて頂きました通り、弊社は平成29年3月30日に金融庁より行政処分を拝受いたしました(行政処分の詳細につきましては、金融庁HPをご参照下さい。)。白石前代表が弊社の代表であった当時の行政処分に対しまして、原因の究明および再発防止に努めるべく業務の改善ならびに内部管理態勢の再構築に着手致しました。具体的には、弊社代表取締役の交代、貸付先との資本関係の解消、影響力の排除、白石前代表からの経営の独立を図る一方、貸付先に対しては資金管理契約を締結し弊社から役員を派遣する事で、貸付先におけるモニタリング強化に努めてまいりました。
しかしながら、同年7月27日、株式会社テイクオーバーホールディングス(旧株式会社ブルーウォールジャパン)の銀行口座に対する仮差押えを発端として、貸付先に対する信用不安が広がり、また、予定していた不動産売買による返済と貸付先が実施予定であった増資は完全に頓挫した結果、同月の貸付金の返済が滞り、ファンド資金の償還がなされませんでした。
これらのことから、弊社は貸付先との金銭消費貸借契約書に則り、貸付先に対し期限の利益の喪失を通達し、貸付金全額の一括弁済を求めたところ、貸付先からは、実行可能な分割弁済を求める趣旨の調停による事態の解決を図りたいとの申し出がありました。弊社は代理人弁護士を立て同年9月に裁判所調停員立会いの下で、第一回目の調停の席に着きました。その後も、弊社側では貸付先から提出された弁済計画を精査し、貸付金全額の回収を図るべく10月に第2回、11月に第3回目の調停を通じて最後まで全額回収を目的とした和解交渉を行ってまいりました。しかしながら、最終的に貸付先から提出された6年間に及ぶ弁済計画は、5年目6年目に大部分の返済を行う非均等型弁済である事、計画の実現性における根拠と裏付けが乏しい事、追加担保の差入れ等による保全強化も図れない事に加え、貸付先の財務状況や営業活動にも回復の兆しが見られないなどのことから、たとえ、和解に応じた場合においても、再度、返済が滞ることからの回収不能となるリスクは非常に高く、更なる事態の悪化を招く恐れがあるとの判断に至りました。このため、弊社は和解交渉を打ち切り、貸付先および保証人に対して貸付金返還請求訴訟を東京地方裁判所に提起致しました。
他方で、今後の裁判による債権回収の見込みにつきましては、貸付先の資産の中で早期に換金可能な担保物や資産は既に換金済みである事や貸付先の営業活動が低迷していることなどから追加の債権回収は極めて困難であると判断しております。連帯保証人につきましても、第三者の調査機関を利用した資産調査を実施いたしましたが、同様に、債権回収は極めて困難であると判断しております。
この結果、弊社として苦渋の決断ではございましたが、今後、裁判手続(執行手続を含む)を実行・維持していくための費用等を勘案したうえで、透明性の高い入札方式による第三者の債権回収会社への債権譲渡が現時点での回収額の最大化を図る有効な手段であると判断いたし、年明けより5社の債権回収会社を譲渡先候補として交渉を開始いたしました。その後、最終的に2社がデューデリジェンスを実施、入札方式により入札のご意向表明を頂きました。結果は以下の通りです。


A社 ¥96,600,000 -
B社 ¥86,500,000-

この結果を受け、弊社は直ちに臨時取締役会を招集し、入札方式にてご提示を頂きました債権譲渡価格の最高値の債権回収会社様が落札し、債権譲渡する決議をいたしました事をご報告申し上げます。

最後に、昨年の7月以降の貸付先向けファンド償還にかかるお問合せをはじめ、多くの投資家様より、ご意見やお問合せを頂きました。弊社と致しましては、過去の反省から投資家の皆様へのご回答には、公平性に配慮した誤解の無いように細心の注意を払う事が最重要であると認識しており、このためメールにてご回答させて頂いております。順次ご対応をさせて頂いておりますが、すべてのご質問に対するご回答に添えない場合や長らくお時間を要しております事、心よりお詫び申し上げます。
なお、ご質問につきましては、個別のご訪問によるご対応は致しておりません。誠に恐れ入りますが、引き続き専用メールによるご対応とさせて頂きます事、ご理解とご容赦の程お願い申し上げます

株式会社みんなのクレジット
代表取締役 阿藤 豊
nice!(3)  コメント(0) 

2017年の分配結果_みんクレ衝撃あったものの他は平和か [ソーシャルレンディング(月々の分配結果)]

今回は2017年1年間の分配結果です。

みんなのクレジットによる衝撃がありましたが、それ以外は比較的順調でした。

2017年、全7社からの
税引前利益:586,556円
源泉徴収税:119,409円
税引後純利益:467,147円
キャンペーン獲得金額:47,000円

純利益+キャンペーン:514,147円
となりました。
みんなのクレジットの未償還金額85万円程度があります。
まだ全額損失と決まったわけではないので、どうこうできるものではありません。
なお、確定申告を行えば、源泉徴収税は取り戻すこともできます。
是非有効活用しましょう!
ご興味がある方はコチラの記事をご覧ください。

事業者毎の税引後純利益(2017年、年間)は以下のようになりました。
2017年事業者毎の純利益額.PNG
スポンサード リンク





みんなのクレジットの1件があった後、分散投資を進めていますが、年間通してみると、Lucky BankとGaia Fundingの2強状態ですね。
LC Lending、Maneo、アメリカンファンディングへの投資も増やしていますので、今年はもう少しバランスの取れた状態となっていると思います。

もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。

ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0) 

2017年12月の分配結果(Lucky Bank) [ソーシャルレンディング(Lucky Bank)]

今回は2017年12月、Lucky Bankの投資結果を報告します。

Lucky Bankで投資を始めようとしている方、既に投資をしている方はご参考にして頂ければ幸いです。

12月は25万円の新規投資を行った結果、12月末の運用中資金は250万円となりました。

税引前利益が16,757円、源泉徴収税として3,414円引かれて、税引後純利益は13,343円となりました。純利益率は年率換算で6.4%となりました。税引後純利益を運転中資金で割り、算出しています。
2017年を通じてLucky Bankに投資をしてきた結果、税引前利益200,590円、税引後純利益159,718円となりました。
返済遅延等は今年も一切発生しませんでした。
Lucky Bank_収益状況_201712.PNG
Lucky Bank_運用状況_201712.PNG
スポンサード リンク




みんなのクレジットは大変なことになってますが、Lucky Bankの投資している案件において、返済の遅延等なく、順調に稼いでくれています。
この調子でいくことを願うのみです。

コチラの記事でも紹介した通り、Lucky Bankの投資システムは非常に使いやすいです。
ソーシャルレンディング初心者の方に特におすすめです。
リンクを貼っておきますので、ご興味があればはじめてみて下さい。
ラッキーバンク

もしこの記事が参考になりましたら応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

みんなのクレジット狂騒曲_結局いくら儲かっていくら損しそうなのか?(2017年末版) [ソーシャルレンディング(みんクレ)]

業務停止命令に加えてYahoo!のトップニュースにも掲載されるほど混迷を極めているみんなのクレジット。
貸付先であるブルーウォールジャパンとの調停は成立せず、今後は更なる法廷闘争の運びとなりました。
事の顛末の詳細は他のブログやニュースに譲るとして、ここでは、結局のところみんなのクレジットでいくら儲かって、損しそうなのか?ということを考察したいと思います。
2017年7月末時点でも同様の考察を行いました。
今回は2017年末時点における収入と損失(見込み)について記載していきます。

■収入
みんなのクレジットからの収入は2016年~発生しています。
2016年
配当による収入は、29,152円(税引前)でした。
キャンペーンによる収入は、144,500円でした。
合計すると173,652円となります。
振り返ってみてもキャンペーンによる収入が非常に大きいことに改めて気付きます。

2017年(1月~12月)
配当による収入は、74,273円(税引前)でした。
キャンペーンによる収入は、47,000円でした。
2017年の合計は、121,273円です。
2016年と2017年の総合計で、294,925円です。

※なお、ソーシャルレンディングにおいては、いったん源泉徴収税が差し引かれますが、確定申告をすることでほぼ全額取り返すことが可能です。
本記事では、より実態に即した計算とするため、税引前金額を収入の金額としています。
確定申告関連はコチラの記事をご覧ください。

■損失(見込み)
2017年12月末時点で、みんなのクレジットへの投資残額は848,721円です。
ただ、損失側の計算は少し難しいです。というのも返済不能が決定したわけではありません。さらに返済不能になったとしても、保全率があるため、元本の一部は返還される可能性があります。

■損益(見込み)
そこで、以下のグラフにて損益を試算してみました。
横軸に元本の返還率をとります。返還率とは、投資残額の内、返還される率を示します。例えば返還率0%だと、投資残高約85万円全額が返済されないということを示します。10%だと、投資残高約85万円の内、10%が返還されます。すなわち、約76万5千円の損失です。
縦軸には損益をとります。損益=収入-損失で計算しています。
例えば、返還率10%の場合、
損益=294,925円-763,849円=▲468,924円となります。
みんクレ損益計算_2017年末.PNG
スポンサード リンク




実線が2017年末時点での計算結果で、破線が2017年7月末時点での計算結果です。
ほとんど重なっていますが、金額にすると、17,000円程度改善しています。これは、8月~12月の間、配当が支払われたためです。ただ元本の償還がほとんど無かったため、大幅な改善とはなりませんでした。

2017年12月末時点の私の状況ですと、元本返還率が65%を超過しないとトータルで損失が発生することになります。
実質20%弱の保全率ですから、損益の現実的なラインは赤丸で囲ったあたりになりそうです。トータル40万円前後の損失でしょうか。
投資は自己責任とはいえ、痛い損失ですね。

今後元本が償還されれば状況も変わってきます。
引き続き、状況を注視していきたいと思います。


ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

2017年11月の分配結果 [ソーシャルレンディング(月々の分配結果)]


遅ればせながら今回は2017年11月の分配結果です。
相変わらず多忙で全く更新できず、ソーシャルレンディングはほったらかしにしてましたが、着々と稼いでくれています(みんなのクレジット以外は。。。)
11月は、全7社からの税引後純利益が42,841円でした。

10月末の総投資金額は857万円に対し、10月末の総投資金額は841万円となりました。

【投資金額の増減内訳】
 Maneo:+4万円
 LC Lending:±0万円
 Gaia Funding:±0万円
 Lucky Bank:-20万円
 Trust Lending:±0万円
 みんなのクレジット:±0万円
 アメリカンファンディング:±0万円
   合計:-16万円

・各月の税引後純利益と総投資金額の推移を表したグラフは以下のようになりました。
2017年11月の分配結果.PNG
赤の折れ線は"税引後純利益"を示し、青の縦棒は、"総投資金額"を示しています。

・事業者毎の税引後純利益は以下の円グラフのようになりました。
2017年11月事業者毎の純利益額.PNG

・事業者毎の投資額は以下の円グラフのようになりました。
2017年11月事業者毎の投資額.PNG
スポンサード リンク





◆11月の特記事項
・11月の純利益も40,000円を超えてきました。ただ、Lucky bankの償還後、次の投資先を見つけるのが難しい状況です。

・アメリカンファンディングから4回目の分配金を得ました。税引後で約3,700円です。分配が安定してきましたので、もう少し投資額を増やそうとしています。

・事業者毎の税引後純利益、事業者毎の投資額、両方のグラフともに先月と大きな変更はありません。相変わらず、Lucky BankとGaia Fundingの2本柱に支えられている状況です。

・みんなのクレジットからは予定通り分配されました(10月分です)。ただ、元本の返済が滞っていて、調停も不成立。現状投資額の85万円は残念な結果に終わるかもしれません。

もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。

ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

2017年11月の分配結果(Lucky Bank) [ソーシャルレンディング(Lucky Bank)]

今回は2017年11月、Lucky Bankの投資結果を報告します。

Lucky Bankで投資を始めようとしている方、既に投資をしている方はご参考にして頂ければ幸いです。

11月は20万円の償還があり、新規投資を行えなかったため、11月末の運用中資金は225万円となりました。

税引前利益が15,118円、源泉徴収税として3,082円引かれて、税引後純利益は12,036円となりました。純利益率は年率換算で6.4%となりました。税引後純利益を運転中資金で割り、算出しています。
Lucky Bank_収益状況_201711.PNG
Lucky Bank_運用状況_201711.PNG
スポンサード リンク





みんなのクレジットは大変なことになってますが、Lucky Bankの投資している案件において、返済の遅延等なく、順調に稼いでくれています。
この調子でいくことを願うのみです。

コチラの記事でも紹介した通り、Lucky Bankの投資システムは非常に使いやすいです。
ソーシャルレンディング初心者の方に特におすすめです。
リンクを貼っておきますので、ご興味があればはじめてみて下さい。
ラッキーバンク

もしこの記事が参考になりましたら応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

2017年10月の分配結果 [ソーシャルレンディング(月々の分配結果)]

遅ればせながら今回は2017年10月の分配結果です。
相変わらず多忙で全く更新できず、ソーシャルレンディングはほったらかしにしてましたが、着々と稼いでくれています(みんなのクレジット以外は。。。)
10月は、全7社からの税引後純利益が41,480円でした。

9月末の総投資金額は807万円に対し、10月末の総投資金額は857万円となりました。

【投資金額の増減内訳】
 Maneo:+20万円
 LC Lending:±0万円
 Gaia Funding:±0万円
 Lucky Bank:+30万円
 Trust Lending:±0万円
 みんなのクレジット:±0万円
 アメリカンファンディング:±0万円
   合計:+50万円

・各月の税引後純利益と総投資金額の推移を表したグラフは以下のようになりました。
2017年10月の分配結果.PNG
赤の折れ線は"税引後純利益"を示し、青の縦棒は、"総投資金額"を示しています。
・事業者毎の税引後純利益は以下の円グラフのようになりました。
2017年10月事業者毎の純利益額.PNG
・事業者毎の投資額は以下の円グラフのようになりました。
2017年10月事業者毎の投資額.PNG
スポンサード リンク




◆10月の特記事項
・アメリカンファンディングから3回目の分配金を得ました。税引後で約3,500円です。分配が安定してきました。今のところ順調です。もう少し投資額を増やしてもいいかもしれません。

・事業者毎の税引後純利益のグラフに加えて、事業者毎の投資額のグラフを作成してみました。Lucky Bank、Gaia Fundingが多いものの、どちらも全体の30%は下回っており、それなりに分散投資が出来ている印象です。ちなみにGaia Fundingの投資額の比率は27%で、税引後純利益の比率は34%です。一番利回りが良かったことが分かります。Lucky Bank、Gaia Fundingの利回りは総じて良く、LC LendingとManeoは若干劣りますね。

・みんなのクレジットからは予定通り分配されました(10月分です)。ただ、元本の返済が滞っていて、調停も不成立。現状投資額の85万円は残念な結果に終わるかもしれません。

もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。


ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

2017年10月の分配結果(Lucky Bank) [ソーシャルレンディング(Lucky Bank)]

こんにちは、

今回は2017年10月、Lucky Bankの投資結果を報告します。

Lucky Bankで投資を始めようとしている方、既に投資をしている方はご参考にして頂ければ幸いです。

9月に償還があったものの、新規投資を行えなかったため、8月末→9月末の運用中資金は低下してしまいました。ただ、10月に30万円の新規投資を行った結果、10月末の運用中資金は245万円となりました。
9.0%の案件に投資できたので、良しとしましょう。
投資する際は募集開始前からPCの前に座って待機が必須ですね。

税引前利益が16,459円、源泉徴収税として3,352円引かれて、税引後純利益は13,107円となりました。純利益率は年率換算で6.4%となりました。税引後純利益を運転中資金で割り、算出しています。
Lucky Bank_収益状況_201710.PNG
Lucky Bank_運用状況_201710.PNG
スポンサード リンク





みんなのクレジットは大変なことになってますが、Lucky Bankの投資している案件において、返済の遅延等なく、順調に稼いでくれています。
この調子でいくことを願うのみです。

コチラの記事でも紹介した通り、Lucky Bankの投資システムは非常に使いやすいです。
ソーシャルレンディング初心者の方に特におすすめです。
リンクを貼っておきますので、ご興味があればはじめてみて下さい。
コチラの記事でも紹介した通り、Lucky Bankの投資システムは非常に使いやすいです。
ソーシャルレンディング初心者の方に特におすすめです。
リンクを貼っておきますので、ご興味があればはじめてみて下さい。
ラッキーバンク

もしこの記事が参考になりましたら応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

みんクレ_11月8日の調停内容予想と10月の分配結果 [ソーシャルレンディング(みんクレ)]

各種ブログで取り上げられている通り、返済&償還遅延が発生しているみんなのクレジット。融資先との調停第2回は11月8日に行われます。
知人がみんなのクレジットにヒアリングしたところ、既に調停内容は粗方決定しているらしく、後は11月8日の調印を待つばかりとのことです。
主なヒアリング内容は以下の通りです(正確な内容はみんなのクレジットからの発表をお待ち下さい。参考程度にご覧下さい)

・第1回目の調停において融資先から提示されて返済計画は想定よりも長期間であった。第2回の調停では幾分か短縮した計画で調印予定

・返済遅延している分の遅延金利等の扱いも第2回の調停内容に含まれる予定

・調停後、みんなのクレジットから投資家(投資している方)に返済計画がemailで連絡される予定

これがほんとだとしたら、ようやく返済計画が示されるようです。
11月8日の調印がうまくいくことを祈りましょう。
スポンサード リンク




2017年10月、みんなのクレジットの投資結果を報告します。

10月の償還は実質運用中の50万円分からの税引前利益が2,744円、源泉徴収税として559円引かれて、税引後純利益は2,185円でした。
実質運用中50万円+償還遅延分35万円の計85万円をもとに計算すると、純利益率は3.1%(年率換算)でした。
みんクレ_収益状況_201710.PNG
もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。

ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

2017年9月の分配結果 [ソーシャルレンディング(月々の分配結果)]


今回は2017年9月の分配結果です。
9月~10月にかけて仕事が忙しくなり、ソーシャルレンディングはほったらかしにしてましたが、着々と稼いでくれています(みんなのクレジット以外は。。。)
9月は、全6社からの税引後純利益が42,456円でした。

8月末の総投資金額は840万円に対し、9月末の総投資金額は807万円となりました。

【投資金額の増減内訳】
 Maneo:▲20万円
 LC Lending:+15万円
 Gaia Funding:±0万円
 Lucky Bank:▲28万円
 Trust Lending:±0万円
 みんなのクレジット:±0万円
 アメリカンファンディング:±0万円
   合計:-33万円

・各月の税引後純利益と総投資金額の推移を表したグラフは以下のようになりました。
2017年9月の分配結果.PNG

赤の折れ線は"税引後純利益"を示し、青の縦棒は、"総投資金額"を示しています。
・事業者毎の税引後純利益は以下の円グラフのようになりました。
2017年9月事業者毎の純利益額.PNG

・事業者毎の投資額は以下の円グラフのようになりました。
2017年9月事業者毎の投資額.PNG
スポンサード リンク





◆9月の特記事項
・7月に大幅に投資額を増額した結果、9月の純利益が40,000円を超えてきました。ただ、Lucky bankとManeoの償還があったものの、次の投資先を見つけられていないため、また下がってしまうかもしれません。

・アメリカンファンディングから2回目の分配金を得ました。税引後で約3,300円です。分配が安定してきたらもう少し増額しようと思います。

・事業者毎の税引後純利益のグラフに加えて、事業者毎の投資額のグラフを作成してみました。Lucky Bank、Gaia Fundingが多いものの、どちらも全体の30%は下回っており、それなりに分散投資が出来ている印象です。ちなみにLucky Bankの投資額の比率は27%で、税引後純利益の比率は33%です。一番利回りが良かったことが分かります。Lucky Bank、Gaia Fundingの利回りは総じて良く、LC LendingとManeoは若干劣りますね。

・みんなのクレジットからは予定通り分配されました。ただ、元本の返済が滞っていて、予断を許さない状況です。

ほったらかしにしても着実に稼いでくれる、こんな楽な投資はなかなかないですね!
もしソーシャルレンディングにご興味がありましたら、始めてみて下さい。

ラッキーバンク

この記事が参考になりましたら、応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。